GATE TOWER

News

Now On Sale !! Haruka Yoda 『We Love Music』
 

Now On Sale !! Haruka Yoda 『We Love Music』
大阪を拠点に活動しているミニマルアーティストHaruka Yodaの
セカンドシングルが誕生。
タイトルは『We Love Music』
ダイヤモンドをイメージした本作は彼にしか出せない空間系のサウンドに仕上がっている。
一味違う感覚にトリップできるEP!

Release

Work of excellence.

title: Come On Remix
artist: HILOCO aka neroDoll
label: Gate Tower(JAPAN)
release: 30th September 2015

TRACK LIST
1: HILOCO aka neroDoll / Come On (João Miguel Rmx)
2: HILOCO aka neroDoll / Come On (Get Down)

title: Come On Ep
artist: Hiloco aka neroDoll
label: Gate Tower(JAPAN)
release: 20th May 2015

TRACK LIST
1: Come On
2: Tribal Dancer

研ぎ澄まされたエッジを持つソリッドなリズムに、ドライブ感溢れるベース、
オーディエンスをパンチドランカーに陥れるボイスサンプルと複雑かつ巧妙に絡み合うディレイ+リバーヴ…
「COME ON」の持つ破壊力は、尋常じゃない。
思い浮かぶレーベルはDRUMCODE。マジな話、ヘビープレイしますよ。
ノイズを絡めつつ一気に走りまくるパーカッションをフィーチャーした
「Tribal Dancer」も合わせて、完璧にプロパーなテクノEP。

Q'HEY

Yoda Haruka

title: Blue
artist: Haruka Yoda
label: Gate Tower(JAPAN)
release: 6th August 2014

TRACK LIST
1: Priceless
2: Relative Stability

DJ WADA(Sublime Records)

title: Delta EP
artist: Hiloco aka neroDoll
label: Gate Tower(JAPAN)
release: 4th June 2014

TRACK LIST
1: Delta
2: Hayu

[Delta EP リリースインタビュー]インタビュアー:YOSHIOKA
1.どんな思いで制作されたのですか?
流行の音は年々変わっていくし、私自身現場でプレイする曲もイベントによって
ディープな横ノリトラックから最近の縦ノリEDMまで様々。
だけど、そんな変化とは対象的にずっと変わらずに好きな音というのも幾つかあって。
今回は本当に自由な制作だったので、そんなお気に入りの音を軸に作っていきました。
一曲目のプログレ“Delta”では優しく浮遊間あるシンセや一昔前のレイブシーンを思わせるローリングベース、
ニ曲目トライバルテクノ“Hayu”ではデトロイトっぽい疾走感あるスタブがそうです。
丁度大阪で音に特化したレギュラーパーティーが始まった事もあり、とてもいい状態で制作出来ました。

2.タイトルがなぜDelta?
一曲目のメインのシンセが出来た時からなんとなく人、水、自然が浮かんで“Delta”と名付けていました。
三角州の別名でもあるギリシャ文字Δ(Delta、デルタ)は水が豊かで多くの人が集まる野外・大自然のイメージ。
その様な環境で聴くダンスミュージックは自分の音楽活動のルーツでもあり、
元々タイトルはシンプルで受け取り手によって色んな捉え方が出来るものが良いと思っていたので、
そのまま使う事にしました。

3.リスナーの皆様に一言お願いします。
いつも応援ありがとうございます。
今までのリリースの中で一番HILOCO名義(Techno. Tech-house. Deep-house)のDJプレイに近いものになったと思います。
お好きな方は勿論、EPで聴き易いと思うのでテクノに馴染みの無い方も是非一度聴いてみてください。
この『Delta EP』を聴いて興味を持ってくださった方は、
是非大阪SevenLoungeのイベントDiscothequeやKRAUSSにもいらしてくださいね。
ありがとうございました。

Artist Profile

Our wonderful artist.

DJ WADA(Sublime Records)

Yoda Haruka

大阪のTECHNO/HOUSEパーティ“KRAUSS”のオーガナイザー/DJ。
1999年よりDJとしてのキャリアをスタート。
当時はHARDCORE、MIXTURE、ROCKにSOULなど幅広いジャンルで神戸を中心に活動するが、
2003年、地元大阪に帰ってからは徐々にスタイルはTECHNO・HOUSEへと傾倒していく。
更に2004年、Akufen・Richie Hawtin等の音楽に影響を受け、よりクリック・ミニマルな路線へと進化。
2006年、“KRAUSS”を立ち上げる。
KRAUSSでは主にヨーロッパから初来日のアーティストを中心に次々と招聘し、関西アンダーグラウンドシーンを牽引。
その頃よりトラック制作にも力を入れ始め、現在は関西各地でライブ活動に勤しんでいる。
*過去招聘アーティスト*
Troy Pierce / Dapayk / Sleeparchive / Alex Under / Petter / Samim / ITALOBOYZ / Jeremy P.Caulfield / Onur Ozer /
Miss Fitz / Mathias Kaden / Agnes / Matt John / Basti Grub / Sweet n Candy / Massi DL / Michel Cleis /Federico Molinari /
VERA / Lucio Aquilina / Dave Mothersole / PAWEL / Oliver Deutschmann / Ed Davenport

He started his DJ career from 1999.
At the begining, he played many kinds music, HARDCORE, MIXTURE,ROCK and SOUL in Kobe.
>From 2003, He came back to his hometown,Osaka, and he changed his playing style gradually into Techno/HOUSE music.
In 2004, he was touched by the music of Akufen and Richie Hawtin, and He changed his style to more Click mininal sound.
In 2006, He organized the first click minimal party in Kansai area which is called "KRAUSS".
about "KRAUSS"
Its an exponent of Tech-House party in Osaka which gathers Hottest and Latest Click House/Deep Minimal artists from Europe,
and the concept of the event is being gorgeous although the sound is Underground.
*Invitation artist in the past*
Troy Pierce / Dapayk / Sleeparchive / Alex Under / Petter / Samim / ITALOBOYZ / Jeremy P.Caulfield / Onur Ozer /
Miss Fitz / Mathias Kaden / Agnes / Matt John / Basti Grub / Sweet n Candy / Massi DL / Michel Cleis /Federico Molinari /
VERA / Lucio Aquilina / Dave Mothersole / PAWEL / Oliver Deutschmann / Ed Davenport

DJ WADA(Sublime Records)

HILOCO aka neroDoll (KRAUSS ElectroNyx FAMFATAL HOUSE NATION)

日本の女性DJ/プロデューサー。
06'年よりDJとしての活動を開始以降、アンダーグラウンドからオーバーグラウンドまで
“HILOCO”と“neroDoll”の二名義を使い分け国内外様々なシーンで活動中。
LOUD誌主催の人気DJランキングでは2010年度11位、2011年度には7位、
2012年度8位と三年連続で歴代女性最高位をマークし、現在もトップ10入りを続けている。

HILOCO名義では07'年より大阪のテックハウスパーティーKRAUSSの主催・レジデントを務め
ヨーロッパのミニマルシーンより多くの初来日アーティストを召還し、
関西随一のフィメールテクノパーティーFAMFATALのメインDJ、
国内最大規模の野外フェス渚音楽祭への毎年出演、自身のパーティーOtOasObi主催など精力的な活動を経て、
現在は大阪Seven LoungeでのレギュラーパーティーDiscothequeを持つ。

ディープなミニマルサウンドをベースにTechno・Tech House・Deep House・NuDISCO・
Electronica・Break Beatsなど様々な要素をグルービーに織り交ぜた独創的なスタイルで
Richie Hawtinを始め多くのアーティストからもオファーを受け、国内はもとよりギリシャ、モンゴル、
オーストラリア、マレーシア、シンガポール、中国、韓国、台湾、香港、マカオといった海外イベントにも頻繁にゲスト出演する。

08'年よりアジア最大のハウスパーティーHOUSE NATIONへの参加を機にALL MIX名義neroDollとしての活動をスタート。
翌09'年にはメインDJに抜擢され、東京Womb・ageHa・Camelot、大阪 Onzieme、
その他全国・海外HOUSE NATIONツアーのピークタイムを担当。
以来年間100本近いギグをこなしそのツアー総動員数は50万人を突破した。
EDM・ House・Electro・Progressive・Lounge・Rock・Top40・Hard Danceなど幅広い音楽知識を活かした
柔軟なプレイスタイルで活動はクラブ・ディスコに留まらず、a-nation、OSAKA AUTO MESSE、TOAKI SUMMITといった大型フェスやGIORGIO ARMANI、
Yves Saint Laurent、Roberto Cavalli、Aston Martinといったハイブランド・企業パーティーにも出演し、
USJカウントダウンパーティ、D1 GRAND PRIX、Japan Fashion Week、Elite Model Look World Finalといったショーや
FRANCK MULLER、Lenovoといった展示会のサウンドプロデュース、鈴木亜美のバックDJ、音楽番組でのTV出演と幅広く活動する。

制作活動では倖田來 未、東方神起、浦浜アリサなどに楽曲を提供し、
オリジナル曲"01"は老舗ハウスレーベルKing Street Sounds(アメリカ)の人気コンピレーションシリーズ"Miami2012"に収録され、
14'年に“Delta EP”、15'年“Come On EP”をリリース。

またモデルとしても活動し、写真家Toshiya UsukiやVOGUEフォトユニットFormento+formentoの被写体、
国際ガジェット雑誌Stuffの表紙、ニットブランドROSYLOVEのイメージモデルなどを務め、
雑誌VOGUE(イタリア版)には"Geisha DJ"として掲載された。15'年度ロレアルプロフェッショナルのアンバサダーに就任。

Japanese female DJ / Producer. She started DJing since 2006.
Ever since, she has been using two name to appear at a wide range of parties regardless of them being underground or mainstream stages.
In the DJ ranking of LOUD Magazine which is the most prestigious music magazine in Japan,
She was ranked as the No.1 female DJ in Japan for three consecutive years.
placed at No.11 in 2010, No.7 in 2011, No.8 in 2012, this is the highest position for a Japanese female DJ.
Currently under the name of HILOCO, she is the organiser and resident DJ for the most popular Minimal-Tech-House party “KRAUSS” in Osaka.
and has also appeared as the main DJ at Kansai’s No. 1 female Techno party “FAMFATAL”,
annually performs at Japan’s largest outdoor festival “NAGISA MUSIC FESTIVAL”.
And has taken her performance internationally to China, Korea, Taiwan, Macao, Hong Kong, Singapore, Malaysia, Mongolia and Australia.
Based on Deep Minimal sound, she mixes Tech-House・Deep-House・Electronica・Break-Beats and various other genres.
Her groovy and creative style is highly-regarded from various artists the world-over such as Richie Hawtin.
Under her other alias of neroDoll, She is main DJ of the biggest and most famous event in Asia “HOUSE NATION”.
She has wide range play style based on House music, she was chosen as a resident DJ of those parties at Womb, ageHa(Tokyo), Onzieme(Osaka).
And she has retained often her internationally tour.
Thanks to her flexible style that can be moulded to suit the venue and environment,
she played for many corporate events and top-end brand parties such as Giorgio Armani,
Roberto Cavalli, FRANCK MULLER, Lenovo. and she produced music of show at Universal Studios Japan,
Elite Model Look Word Championships, Tokyo Fashion Week, D1GP.
and appearances for TV music programs. Her activity is wide range.
She has worked with some overseas record labels as well, she having released her original track ‘01’
in their “Miami 2012” compilation CD of King Street Sounds(United States).
As a producer, she contributed songs to big names such as Kouda Kumi, TVXQ(東方神起).
Finally, she act as a model, subject for photographer Toshiya Usuki or Formento+formento, cover of the international gadget magazine 'Stuff',
the face for the knit brand “Rosy Love”, and appeared in the Vogue Magazine(Italia) as a "Geisha DJ".

DJ WADA(Sublime Records)

DJ WADA (Sublime Records)

‘80年代初頭よりDJとしての活動をスタート、現在そのキャリアは約30年を超えるDJ WADA。
その豊富な現場での経験から来る、正確無比なテクニックは、筋金入りのパーティー・フリークから熱い支持を受ける。
Heigo TaniとのCo-Fusion、Atomといったアーティスト活動においても、シーンの中で欠かせない存在。
'08年にはソロ名義初となるアルバム「Final Resolution」続く翌'09年、アルバム「ONE」をリリースした。
現在は自身のレーベルDirretaを設立。レーベルの第1弾シングル「Claudy Space」が’14年2月末にリリース予定。

DJ/ Producer, DJ WADA has over 30 years of DJ career,his reputation has grown as accurate technician.
On the producer side, he formed "Co-Fusion" and "Atom" with Heigo Tani (a.k.a. WALL FIVE),
they have released over 20 titles on the labels as "Reel Musiq" "Pro-Jex","Southern Fried Records" etc.
DJ WADA is recognized as an unparalleled DJ and innovator even to DJ artform turned to musical,
continues to inspire all realms of the dance music scene sphere.
In 1994, DJ WADA & DJ YAMA launched Tokyo's first techno party "Sublime" at the club "Maniac Love" on every Saturday
and have done a residency for 12 years straight until Maniac Love closed in 2005.).
Now he organized his own party titled "moments" once in a while.
His 1st solo album "Final Resolution (2008)", 2nd album "ONE (2009)", shows crystallize his progressive form of original world and everyday life.
The own label Dirreta is established now.
The 1st phase single "Claudy Space" of a label is due to release at the end of February, '14.

Contact Us

We are waiting for the wonderful sound source from you.